新刊案内

推薦文

トータルヘルスへの12の鍵

トータルヘルスへの12の鍵』は健康的な生活を送る目的を明らかにします。それは人々が、幸せで健康的な生活を送り、他人に仕えるという使命に喜びをもって出て行くためです。聖書の原則と証拠に裏打ちされた研究が、本書が教える健康の秘訣の根拠となっており、どんな人でも実行できるように、これらの生活習慣をわかりやすく説いています。本書を読み始めると、数々の美しい写真が読者の想像をかき立て、きっとあなたも途中で中断することができなくなることでしょう。

(テッド・ウイルソン)


トータルヘルスへの12の鍵』はその1ページ1ページで、バランスのとれた全人的なアプローチで健康を説いており、根拠は霊的な価値観を基としています。本書には、正しい生活習慣についての科学的な根拠を数多く載せ、実践方法をひとつひとつ丁寧に説明しました。ここで目指す健康とは、単に体が健康になるだけでなく、思い煩いから解放されて、喜びと平和を満喫する豊かな人生を楽しむ生活のことです。本書が提示する、わかりやすくかつ率直な教えに読者が心を動かされ、「より豊かな生活」を経験することができるようにと願っています。

(ヤン・ポールセン)


霊的、知的、身体的に健やかであるというトータルヘルスは、実に喜ばしいことです。『トータルヘルスへの12の鍵』にはこの3つの側面が包括されており、人生の最高峰を目指すように読者を励まします。このような本が出版されたことを心から喜び、推薦いたします。体と頭脳と精神を働かせることによって得られる祝福を、私は個人的に体験して知っているので、読者もきっと同じ経験ができると確信しています。

(デルバート・ベーカー)

トータルヘルスへの12の鍵』はもっとも興味深く、また役にたつ本です。執筆者たちは生活のそれぞれの分野を語る際に、バランスを重視しました。彼らが発する勧告は常識的で、生理学的な深い理解のうえに成り立っており、必要に応じて科学的な根拠を提示しています。

(ゲリー・フレイザー)


月刊誌

サインズ 2016 3月号

サインズ オブ ザ タイムズ 3月号
  • 特別記事1
    雨水は天からの恵み
    株式会社天水研究所代表取締役
    村瀬 誠氏に聞く
  • 特別記事2
    効果的な入浴法
    東京都市大学人間科学部教授
    早坂信哉先生に聞く
  • トータルヘルス 解説:水分 宮﨑恭一
  • 羅針盤:子孫に何を残すか 増田良文
  • 「創世記」との語らい:第七日の休み 藤田昌孝
  • 聴く人が楽に聴ける傾聴のスキル:共感的に理解する 岩松正史
  • 子どもを伸ばす親の力:ほめるところから始めよう。ほめたらできる! 親野智可等

『サインズ・オブ・ザ・タイムズ』は、豊かな心と健やかな体を創る月刊誌。

明治時代に創刊され100年以上もの歴史をもつ、特別な月刊誌です。

健康、教育、福祉、環境、人間関係などバラエティーに富んだ内容と、幅広い読者層を意識した総合雑誌です。
誌名である『サインズ・オブ・ザ・タイムズ(Signs of the Times)』とは「時の兆」。現代がどんな時代かを正確に読みとり、明日に向かって健やかに生きるための指針を読者に提供することです。
本誌の読者層も多岐にわたり、各分野の専門家や各界のリーダーたち、また学校の校長先生や教師、また家庭の主婦や子どもたちにまで広く読まれています。

>>サインズのページへ

新刊案内

みことば手帳

(口語訳・新共同訳を見開きで併記)

みことば手帳

必要な時に、必要なみことばが見つからなかった経験は誰にでもあるはず。
この『みことば手帳』は、あなたの人生の折々に必要なみことばをすぐに探しだすことができ、さらに友人・家族への伝道に役立つ武器となる聖句が満載です。
365日、暗唱聖句にも挑戦してみてください。
ポケットサイズの「みことばの剣」があなたの信仰を守ります。

ひとりぼっちのいない教会

見直したい小グループという器

ひとりぼっちのいない教会

小グループはその働きを遂行するために神の教会に与えられた力強い方法です。小グループは……神から与えられた聖書に基づいた方法を具現化するものです。友情、支え合い、聖書の学び、祈り、働き人として備え、イエス・キリストを伝える働きを実際に行うのが小グループです。……さあ、一歩足を踏み出しましょう!(本書252ページ)

カート・ジョンソン 著
根本愛一 訳

講演集 永遠の福音

講演集 永遠の福音

日本宣教120年の間、キリストの再臨をまち望む信徒は決して絶えることなく、福音は人々から人々へとつながれていきました。
神さまは「あなた」を通して、今もこの日本を救いたいと熱望しておられます。
いまこそ「三天使のメッセージ」を託された-わたしたち-が「光を放つ」者となれますように。

島田真澄 著

たしかに未来はある。

 たしかに未来はある。

理想的な人生を思い描きながらも、目の前の厳しい現実に、どうせ無理だとあきらめてしまうことがあるかもしれない。それでも時代のせいにしないで、一歩踏み出してみよう…。著者は、そっと背中を押してくれます。思い通りにならない厳しい状況こそ、真の支配者である神に信頼し、したがうチャンスだと思えるのです。

青木泰樹 著

2015年11月15日 初版第1刷発行

旅人の視点

 あきらめたらあかんよ!

ひとは人生という「旅」を生きてゆく。
日常の生活に追われ、取りこぼしてきたこと、
ささやかな変化と、折々に出会ったひとびと。
その小さなかけらを別のフィルターを通してみれば
人生がいつもと違って見えてくる。