生きるってうれしいなぁ

生きるってうれしいなぁ

揺れる福祉行政の狭はざ間ま にあって、76歳の今も止揚学園(しようがくえん)のリーダーとして障害者福祉の在り方を問い続ける福井達雨先生の教育エッセイ。

  • 中身を閲覧(PDF)

4人の知能に重い障害をもった子どもたちと共に始まった止揚学園の歩みも、今年で46年目になりました。6歳、7歳の子どもたちも、52歳、53歳と、歳を重ねてきました。今では、34人の障害をもった人たちと、ほぼ同数の障害をもたない者、 その子どもたちや、両親あわせて100人余り、みんながひとつの大きな家族として、互いに愛し合い、心を寄せ合い、信頼の絆きずなで結ばれて、共に生きています。

夢をはぐくむ 子どもの可能性を信じよう

夢をはぐくむ

若者が夢を持っていないのではありません。私たち大人が夢を持てないようにしてしまったのです。大切なのは大きな夢を持つことではありません。夢を描くことです。

著:天野裕司

2007年8月9日初版第1刷
224ページ 四六判

夫婦は旅である

夫婦は旅である

夫婦で始まり、夫婦で終わる家族。その家族が大きく揺れている今こそ、共に考え、見つめ直したい夫婦の貌(かたち)。

著:熊谷幸子

2007年5月15日初版第1刷
200ページ 四六判

新・エッセイ・人生百話2 心豊かに生きる

新・エッセイ・人生百話2 心豊かに生きる

心豊かに生きるための実際的なヒントがいっぱい。読みやすくわかりやすいと大好評のシリーズ。

著:白石尚

1996年11月1日初版第2刷
各224ページ B6判

エッセイ・人生百話 第二集:心を満たす力

エッセイ・人生百話 第二集:心を満たす力

毎日1話。100日分のちょっと良い話が1冊にまとめてあります。毎日のスタートに1話ずつお読みください。

著:山形俊夫

1995年11月1日初版第5刷
各224ページ B6判

二人三脚

二人三脚

『氷点』をはじめとする多くの名作を残した三浦綾子氏との出会いから最期に至るまで、夫婦二人三脚の道のり。夫婦の深い愛情が感じられる1冊です。

著:三浦光世

2004年6月30日初版第1刷
184ページ B6判