こころの目薬

こころの目薬

平凡無名であっても何かキラリと光るような生き方をしている人々を随筆風にスケッチ。生きがいある人生を送るための視野が開けます。

著:堀内一誠

2004年6月1日初版第2刷
256ページ B6判

パパ、南極へ行く

パパ、南極へ行く

「いつかは南極に行きたい」。そう願って30年。ついにその夢がかない、晴れて南極観測隊員となりました。どこまでも続く白い氷原や海に浮かぶ巨大な氷山、見る間に形や色を変える緑のカーテンとでも言うべきオーロラ、そしてペンギンやアザラシ。それらをその目で見ることができた1年4ヶ月にわたる越冬生活は、知恵や工夫が求められただけでなく、実は常に危険と隣り合わせの生活でもあったのです。しかし、そうした中、著者を支えたのは、二人の子どもを含めた家族との定期的な交流でした。

48次南極地域観測隊 越冬隊員
新井直樹 著

2009年4月1日初版第1刷

幸せになりたい人へ贈る36のメッセージ

幸せになりたい人へ贈る36のメッセージ

あなたは幸せになるために生まれてきました。

人を幸せにすると、自分も幸せになります。

今を感謝して生きるなら、幸せな気持ちで満たされます。

人を愛するとき、幸せの風が心の中を駆け巡ります。

たとえ小さなものであったとしても、与えることによって幸せになります。

あなたを無条件で抱きしめてくださる方の温もりの中に幸せはあります。

村沢秀和 著

2009年2月10日初版第1刷
272ページ 四六判