信仰生活

不安な未来(あした)のその先に

不安な未来(あした)のその先に

歴史のクライマックスに備えるために
相次ぐ自然災害、そして新型コロナウイルスのパンデミック
この世界は、将来に対する恐れと不安で覆いつくされているかのようです
私たちを待ち受けるのは、どんな未来なのか
不安な未来のその先に待つのは、いったいどんな世界なのか

神との出会い 安息日と再臨の意味

神との出会い

安息日、再臨
……それは神が人と出会うとき

30年前も今もそして30年後も

見えないものに目を注いで ──キリスト信仰に生きた人たち

見えないものに目を注いで──キリスト信仰に生きた人たち

クリスチャン医師である著者による講演、説教集です。全8話。
そのいずれにも共通しているのは、キリスト信仰に生きた人たちの経験です。彼らがどのように「見えないもの」(神)に目を注いでいたかだけでなく、どのように神がその人と出会われたかも記されています。

第1章から:妻子を日本兵によって殺害されたキリノ大統領(フィリピン)の元に寄せられた日本兵への助命嘆願。苦悶の中で彼はどのような結論を出したのでしょうか。

生きること信じること

生きること信じること

イエス・キリストに出会う「前と後」。その「ビフォーアフター」は、神が確かに生きておられることの力強い証拠です。12人の人生を変えた神の愛は、今、あなたの心にも注がれます。

救いへと導きたいと願っている
すべての友人・知人・家族のために
助けを必要としている友への励ましのために

よくわかるダニエル書

よくわかるダニエル書

ダニエル書は、ヨハネの黙示録と共に必ず終末時代に開かれ、研究しなければならない預言書です。
自分で聖書を開き、この本をガイドブックとして章ごとに学ぶことで大切なポイントを体系的に学べる画期的なテキストです。

ダニエル書の学びは、神が確かに生きておられ、この歴史を神の国という輝かしいゴールに向かって力強く導いておられることを私たちに確信させてくれます。その確信が深まれば深まるほど、私たちは希望をもって、神の国への歩みを進めていくことができるのです。

みことば日光浴

神さまとのクオリティータイム

みことば日光浴

神さまは、み言葉を通して、あなたと語り合いたいと願っておられます。

「なぜ多くの人が聖書を開かないのでしょうか。どのようにしたら聖書の言葉をもっと深く知ることができるのでしょうか。熱心に聖書の学びを始めてから、私の人生は変わりました。どのように聖書を読むべきかを子どもたちに教え始めてから、私の家庭も変わりました。」(本文から)

復活と聖霊の福音

『使徒行伝』講解説教

復活と聖霊の福音

「福音書」としての使徒行伝を解き明かす珠玉の説教集!
満ちあふれるキリストへの情熱と教会への愛がここに!
故佐川勇二郎牧師が遺された説教原稿「使徒行伝講解説教集」が書籍になりました。

奇跡を生む祈りの力

神を体験したパベル・ゴイアの物語

奇跡を生む祈りの力

聖書に記録されている数々の奇跡。それは何千年も前の聖書の時代にだけ起こった出来事でしょうか? 現代、神はもうあの時のような働きをなさらないのでしょうか。そうではありません。神は今も生きておられます。愛の神に心を向け、神と共に歩むならば、私たちもまた神を「体験」できるのです。この本を読み終えたあなたの心は、きっと祈りへと向けられるでしょう。

グレッグ・バッド著
根本愛一訳

教会への証 第2巻(分冊1)

教会への証 第1巻(分冊3)

エレン・G・ホワイトが執筆した書籍で、まだ日本語化されていない大冊。それが『教会への証』です。

第2巻では、1868年から1871年までに、教会員に個人的に宛てた証が収められており、3冊に分けて順次発行していきます。分冊1となります。

エレン・G・ホワイト著
山地明訳

洞窟で見つけた光

洞窟で見つけた光

巨大企業の生みの親である大富豪の父と、芸能界で大活躍する美人で聡明の母。
誰もが羨むセレブな生活のなかで、ダグは自分がこの世で一番不幸だと感じていた。
麻薬、暴力、自殺未遂、ホームレス、食物を探してゴミあさり……。
快楽と興奮を求めて家を飛び出した流浪の日々の果てに、
大峡谷の奥深くの洞窟で、彼は人生大逆転の驚くべき宝を発見する……。