月刊誌

サインズ 2020 10月号

サインズ オブ ザ タイムズ 10月号
  • 特別記事
    見せない貧困
    ――『八月のひかり』に描かれた心の痛み
  • 羅針盤
    メメント・モリ――汝、死すべきことを覚えよ(花田憲彦)

40代ごろから

  • ちょっと疲れた40代のためのアンガーマネジメント
    どうして嫁姑問題が起こるの?(林 祐利江)

60代以上

『サインズ・オブ・ザ・タイムズ』は、豊かな心と健やかな体を創る月刊誌。

明治時代に創刊され100年以上もの歴史をもつ、特別な月刊誌です。

健康、教育、福祉、環境、人間関係などバラエティーに富んだ内容と、幅広い読者層を意識した総合雑誌です。
誌名である『サインズ・オブ・ザ・タイムズ(Signs of the Times)』とは「時の兆」。現代がどんな時代かを正確に読みとり、明日に向かって健やかに生きるための指針を読者に提供することです。
本誌の読者層も多岐にわたり、各分野の専門家や各界のリーダーたち、また学校の校長先生や教師、また家庭の主婦や子どもたちにまで広く読まれています。



新刊案内

ハルダおばあちゃんの処方箋

ハルダおばあちゃんの処方箋

だれでも、健康で生き生きした毎日を過ごしたいと願っています。そのための効果的な健康法を探している方もおられるでしょう。この小冊子では、前半に91歳で富士山登頂を成し遂げたアドベンチストのおばあちゃんの物語を掲載し、後半に、彼女が実践していた健康の原則を、イラストでわかりやすく説明しています。手軽に、渡すツールとして、ぜひご活用ください。

ハルダおばあちゃんって何者?

食事と食物に関する勧告

食事と食物に関する勧告

本書の内容は、『食事と食物に関する勧告』というタイトルそのものです。いずれの文章も、100年以上前の文化的背景の中で書かれたものであることを念頭に置いて、読んでいただきたいと思います。

もし、分厚い本書をどこから読もうかと迷われる読者がいるとしたら、まず次のようなところから読み始めることをお勧めします。

最初に、巻末に収録されている「付録1」。その冒頭には、本書を読む際の心構えとして、3つの原則が記されています。

終わりの時代の諸事件

終わりの時代の諸事件

エレン・ホワイトは、「この主題〔キリストの再臨〕を人々の前に示し続けるために大いに努力しなければならない」と記しています。本書『終わりの時代の諸事件』は、その「努力」の一環ともいうべきものです。

彼女は、『各時代の大争闘』を筆頭に、『初代文集』『伝道』『セレクテッドメッセージ』『教会への証』などの書籍、また『レビュー・アンド・ヘラルド』誌や多くの原稿の中で終末時代に言及しました。それらから、「終末」という主題に基づいて編纂されたもの(コンピレーション)の第1弾が『マラナ・タ』(2017年『今日の光』)であり、本書はその第2弾に当たります。

本書の特徴は、前書き(「読者のみなさまへ」)に記されているとおり、「終末に起きる出来事をなるべく時系列に編集して」あることでしょう。それらの出来事の中には、当然ながら、「日曜休業令」「ふるい」「後の雨」「大いなる叫び」「獣の刻印」「恩恵期間」「七つの災い」「キリストの再臨」といった主題が含まれています。

人類のあけぼの 文庫版3巻セット(上・中・下巻)

人類のあけぼの 文庫版3巻セット(上・中・下巻)

そこに描かれているのは、
人間家族の起源と歴史です!

本書の物語は、地球史前からダビデまでを扱い、
アブラハムを祖とするイスラエルの民を中心に展開しています。
しかし、視点を変えるなら、

不安な未来(あした)のその先に

不安な未来(あした)のその先に

歴史のクライマックスに備えるために
相次ぐ自然災害、そして新型コロナウイルスのパンデミック
この世界は、将来に対する恐れと不安で覆いつくされているかのようです
私たちを待ち受けるのは、どんな未来なのか
不安な未来のその先に待つのは、いったいどんな世界なのか

神との出会い 安息日と再臨の意味

神との出会い

安息日、再臨
……それは神が人と出会うとき

30年前も今もそして30年後も

見えないものに目を注いで ──キリスト信仰に生きた人たち

見えないものに目を注いで──キリスト信仰に生きた人たち

クリスチャン医師である著者による講演、説教集です。全8話。
そのいずれにも共通しているのは、キリスト信仰に生きた人たちの経験です。彼らがどのように「見えないもの」(神)に目を注いでいたかだけでなく、どのように神がその人と出会われたかも記されています。

第1章から:妻子を日本兵によって殺害されたキリノ大統領(フィリピン)の元に寄せられた日本兵への助命嘆願。苦悶の中で彼はどのような結論を出したのでしょうか。

キリストの弟子ハンドブック

セブンスデー・アドベンチスト教会員のためのガイド

キリストの弟子ハンドブック

バプテスマを受けた直後の6か月間をどのように過ごすかで、教会員の信仰生活は大きく変わります。新しい教会員と信仰の養育係になる「メンター」が、毎週一緒に読み合うためのテキストです。

セブンスデー・アドベンチスト世界総会 編集
根本愛一 訳
2019年12月1日初版発行

よくわかるダニエル書

よくわかるダニエル書

ダニエル書は、ヨハネの黙示録と共に必ず終末時代に開かれ、研究しなければならない預言書です。
自分で聖書を開き、この本をガイドブックとして章ごとに学ぶことで大切なポイントを体系的に学べる画期的なテキストです。

ダニエル書の学びは、神が確かに生きておられ、この歴史を神の国という輝かしいゴールに向かって力強く導いておられることを私たちに確信させてくれます。その確信が深まれば深まるほど、私たちは希望をもって、神の国への歩みを進めていくことができるのです。

みことば日光浴

神さまとのクオリティータイム

みことば日光浴

神さまは、み言葉を通して、あなたと語り合いたいと願っておられます。

「なぜ多くの人が聖書を開かないのでしょうか。どのようにしたら聖書の言葉をもっと深く知ることができるのでしょうか。熱心に聖書の学びを始めてから、私の人生は変わりました。どのように聖書を読むべきかを子どもたちに教え始めてから、私の家庭も変わりました。」(本文から)


ベッドタイムストーリーズ365

発見する力・みんなを幸せにする力・正しく選ぶ力を育てる
ベッドタイムストーリーズ365

ベッドタイム ストーリーズ365 特設ページへ

1953年に『ベッドタイム ストーリーズ』が発刊されてから半世紀以上…
あのころ大好きだったベッドタイム ストーリーズ。多くの読者の願いに応え、いよいよ新刊が発売となりました。
新しくてなつかしい子どもの本を、お子さんやお孫さんといっしょに、お楽しみください。