真のリバイバル  〜教会に最も必要なもの〜

真のリバイバル

新しく生まれ変わったクリスチャンは、イエスを伝えたいという思いに満たされるだけでなく、生き方そのものが変わります。

エレン・G・ホワイト著 山地明訳

2012年6月1日初版第1刷
152頁 A5判

伝道 上巻  

伝道 上巻

伝道は信仰生活と密接な関係にあります。伝道をしない教会生活は考えられません。その重要性を繰り返し、いろいろな文書を通して訴え、それらを編纂したのが本書です。
「福音宣教への挑戦」「都会の大衆」「公衆伝道」「メッセージとその伝え方」など具体的で大切な内容が書かれおり、救いの喜びを伝えたいクリスチャン向けです。

エレン・G・ホワイト著 山形俊夫・清野喜夫訳

伝道 下巻  

伝道 下巻

「新しい改心者を定着させる」「伝道者とその資格」「医療伝道」「讃美歌伝道」など、具体的な内容は、伝道活動のヒントとなります。

エレン・G・ホワイト 著 大畑繁雄 訳

2012年12月10日初版第1刷
A5判/448ページ

聖霊に導かれて 上巻  ― 牧師と信徒への勧め

聖霊に導かれて 上巻

教会の使命は救霊です。牧師と教会員が心を一つにして聖霊の導きを祈り求める時、使徒たちが経験したように、私たちもまたリバイバルを経験することができます。

本書のキーワードは、新生と改革です。エレン・ホワイトが本書を通して語っていることは、神がご自分の教会を導いておられることへの確信、もっと神のことばの原則に従い、救い主との個人的な関係をより深めることです。これは牧師だけがするべきことではなく、むしろ、福音のために奉仕するすべての信徒が、聖霊に導かれて、自らの信仰を深め、高めるためにもなすべきことなのです。

エレン・G・ホワイト 著 今村忍・山地明他 訳

聖霊に導かれて 下巻  ― 牧師と信徒への勧め

聖霊に導かれて 下巻

もっと神の言葉に従い、救い主との個人的な関係をより深めることは、牧師だけがするべきことではなく、福音のために働くすべての信徒もすべきことです。

本書のキーワードは、新生と改革です。エレン・ホワイトが本書を通して語っていることは、神がご自分の教会を導いておられることへの確信、もっと神のことばの原則に従い、救い主との個人的な関係をより深めることです。これは牧師だけがするべきことではなく、むしろ、福音のために奉仕するすべての信徒が、聖霊に導かれて、自らの信仰を深め、高めるためにもなすべきことなのです。

エレン・ホワイト 著 今村忍・山地明他 訳
2011年2月1日初版第1刷