聖霊に導かれて 上巻  ― 牧師と信徒への勧め

聖霊に導かれて 上巻

教会の使命は救霊です。牧師と教会員が心を一つにして聖霊の導きを祈り求める時、使徒たちが経験したように、私たちもまたリバイバルを経験することができます。

本書のキーワードは、新生と改革です。エレン・ホワイトが本書を通して語っていることは、神がご自分の教会を導いておられることへの確信、もっと神のことばの原則に従い、救い主との個人的な関係をより深めることです。これは牧師だけがするべきことではなく、むしろ、福音のために奉仕するすべての信徒が、聖霊に導かれて、自らの信仰を深め、高めるためにもなすべきことなのです。

エレン・G・ホワイト 著 今村忍・山地明他 訳

聖霊に導かれて 下巻  ― 牧師と信徒への勧め

聖霊に導かれて 下巻

もっと神の言葉に従い、救い主との個人的な関係をより深めることは、牧師だけがするべきことではなく、福音のために働くすべての信徒もすべきことです。

本書のキーワードは、新生と改革です。エレン・ホワイトが本書を通して語っていることは、神がご自分の教会を導いておられることへの確信、もっと神のことばの原則に従い、救い主との個人的な関係をより深めることです。これは牧師だけがするべきことではなく、むしろ、福音のために奉仕するすべての信徒が、聖霊に導かれて、自らの信仰を深め、高めるためにもなすべきことなのです。

エレン・ホワイト 著 今村忍・山地明他 訳
2011年2月1日初版第1刷

祝福に満ちた生活  〜スチュワードシップに関する勧告〜

祝福に満ちた生活

スチュワードシップは単に献金のことだけを意味するものではありません。神さまに忠実に従う生活のすべてを含みます。

エレン・G・ホワイト 著 福音社編集部 訳

2011年8月1日初版第1刷
400頁 A5判

各時代の大争闘 新書版  

各時代の大争闘 新書版

エレン・G・ホワイト(1827〜1915)は、セブンスデー・アドベンチスト教会の創設者の一人です。彼女はその著作を通して、今もなお世界の何百万もの人々に大きな影響を与えています。その著作は、5,000以上の雑誌向け記事と40冊の本におよび、今日では未発表原稿から集められたものも含め、英語では約130冊の出版物が入手可能です。

文学史全体において、彼女は女性著作家の中では最もその著作物が翻訳された人であり、その著作は、宗教、教育、健康などを含む、広範囲にわたるテーマを網羅しています。代表作の一つ『キリストへの道』は、160以上の言語で出版されています。

エレン・G・ホワイト 著
2011年11月1日初版第1刷

明日への希望

明日への希望

人に未来を描かせ、力を与えてくれるもの──それは希望です。希望があるから明日が輝くのです。
本書は、聖書の副読本とでもいうべきものであり、以前11 冊の『ホワイト選集』 として出版されていたシリーズに、イエス・キリストのたとえ話を扱った『キリ ストの実物教訓』、またキリストの説教集でもある『祝福の山』、小冊の珠玉とも 呼ばれる『キリストへの道』の3 冊を加えたものです。
本書を通して、歴史の真 髄にふれ、より確かなものに価値をおき、希望を抱くことができますように。

2007年11月20日初版第1刷
1,984ページ A5判