100万回のありがとう ~自転車に夢のせて

100万回のありがとう

『やった。』『ほった。』に次ぐ第3弾は、フォトエッセイ。 小学生の時から夢だった自転車世界一周を実現し、帰国後は会社勤めをしながら、全国で夢を伝え続ける講演活動と旅で命を助けてくれた人たちがいるギニアに井戸を掘ったり、診療所を作ったりする恩返し活動。そんな著者のこれまでの活動を1冊の本にまとめました。世界各地で出会った人々との交流を幹とするなら、花はその地の様子や人々の顔でしょうか。フォトエッセイなので、大小さまざまな写真がたくさん。ページをめくるのが楽しくなります。

100万回のありがとう
(クリックで拡大)

著者曰く。「『達さん、すごいですね』と言われることもありますが、本当にすごいのは、こんな自分を理解して応援してくれる周りの人たちです。あまり出社しない僕が周りを気にしていると、ミキハウスの木村皓一社長がこう言います。『たっつあんは他の社員と同じ。みんなに役割がある。会社に来るとかこんとかは関係あらへん』。そればかりか、顔を合わせればいつでも笑顔で接してくれる会社の仲間がいるし、『達さんの夢を応援するのが僕らの仕事』」と言ってくれる後輩たちもいる。僕はこのあり得ない環境に、心から感謝するばかりです」
この本の印税は、旅で出会い助けてくれた人たちとのプロジェクトのために使われます。

坂本達 著

2010年4月19日初版第1刷
136ページ A5変
2,376円(税込)
ISBN978-4-89222-393-8
クレジットカード可PayPal銀行振込可

数量