トータルヘルスへの12の鍵

 トータルヘルスへの12の鍵

もし日本人の死因第1位の「がん」がすべて撲滅されたとしたら、日本人の平均寿命は一体どのくらい伸びるでしょうか? 厚労省のデータによりますと、男性で3.91歳、女性で3.01歳となっています。

ところが米国の研究では、本書で紹介しているSDA型ライフスタイル、特に5つの生活習慣(植物性主体の食事、非喫煙、ナッツ類の摂取、定期的な運動、適正体重の維持)を実践している人々の平均寿命の延びは、一般人に比較して、実に男性では10.4歳、女性では9.7歳も伸びているのです。

SDA型ライフスタイル実践の
効果は、がんを撲滅した場合を
はるかに上回る驚異的なものです


―神戸アドベンチスト病院院長、米国内科学専門医
                   山形謙二


アドベンチストのライフスタイルとして「健康的な生活習慣」を提案する「ニュースタート」プログラムが、超ストレス時代を生きる現代人に向けてさらにグレードアップしました。

トータルヘルスへの12の鍵』では、心と体の健康を通して人生を豊かにする12の原則について学ぶことができます。美しい写真とともに紹介される内容は医学、生物学の実績に基づく最新データが多く盛り込まれています。まさに、神さまがアドベンチストを通して全ての人に与えようとしておられる「生命の崇高な知恵」が1冊の本にまとめられました。ご家庭に1冊、またお友達にもぜひプレゼントとしてお買い求めください。

2014年7月1日 初版第1刷発行
B5変形判/240ページ
定価:本体3,240円(税込)
ISBN978-4-89222-450-8

クレジットカード可PayPal銀行振込可

数量 


推薦文

トータルヘルスへの12の鍵

トータルヘルスへの12の鍵』は健康的な生活を送る目的を明らかにします。それは人々が、幸せで健康的な生活を送り、他人に仕えるという使命に喜びをもって出て行くためです。聖書の原則と証拠に裏打ちされた研究が、本書が教える健康の秘訣の根拠となっており、どんな人でも実行できるように、これらの生活習慣をわかりやすく説いています。本書を読み始めると、数々の美しい写真が読者の想像をかき立て、きっとあなたも途中で中断することができなくなることでしょう。

(テッド・ウイルソン)


トータルヘルスへの12の鍵』はその1ページ1ページで、バランスのとれた全人的なアプローチで健康を説いており、根拠は霊的な価値観を基としています。本書には、正しい生活習慣についての科学的な根拠を数多く載せ、実践方法をひとつひとつ丁寧に説明しました。ここで目指す健康とは、単に体が健康になるだけでなく、思い煩いから解放されて、喜びと平和を満喫する豊かな人生を楽しむ生活のことです。本書が提示する、わかりやすくかつ率直な教えに読者が心を動かされ、「より豊かな生活」を経験することができるようにと願っています。

(ヤン・ポールセン)


霊的、知的、身体的に健やかであるというトータルヘルスは、実に喜ばしいことです。『トータルヘルスへの12の鍵』にはこの3つの側面が包括されており、人生の最高峰を目指すように読者を励まします。このような本が出版されたことを心から喜び、推薦いたします。体と頭脳と精神を働かせることによって得られる祝福を、私は個人的に体験して知っているので、読者もきっと同じ経験ができると確信しています。

(デルバート・ベーカー)

トータルヘルスへの12の鍵』はもっとも興味深く、また役にたつ本です。執筆者たちは生活のそれぞれの分野を語る際に、バランスを重視しました。彼らが発する勧告は常識的で、生理学的な深い理解のうえに成り立っており、必要に応じて科学的な根拠を提示しています。

(ゲリー・フレイザー)


本書は常識的な生活習慣の実施について、非常に興味深く説明しています。この習慣はより健康的な生活をするために、大人も子供も取り入れるべきであり、まさに予防医学の実践編とも言えるものです。ここで推奨している生活習慣は最初の医療であり、世界各国に広がる肥満や糖尿病などの氾濫に介入するもので、特に今日必要とされているものです。生活習慣を変えるということは、時には煩わしいと感じるものですが、本書がそれを有益で長続きする経験に変え、大いなる喜びをもたらしてくれることでしょう。

(アキコ・ボワーズ)



主な内容

選択
1. CHOICES
・運命を決定する選択
・意図的な選択
・選択と自由
・日々の選択の積み重ね
・選択に必要な情報
・客観的であること
・長寿をもたらす7つの生活習慣

中運動
2. EXERCISE
・運動の効果
・定期的に運動するメリット
・継続する秘訣
・3種類の運動
・運動のガイドライン
・ウォーキングの勧め

水分
3. LIQUIDS
・体内における水分の働き
・一日に必要な水分の量
・水治療法
・命の水
・洗浄のための水
・水は貴重で不可欠な環境資源


環境
4. ENVIRONMENT
・環境問題としての人口過剰
・森林破壊
・食糧の配分
・持続可能な農業の在り方
・気象の変化
・大気・土壌・河川・海洋汚染
・日光
・体内環境
・家庭環境

信じること
5. BELIEF
・信じる力
・生命の質を高める霊性
・ストレスについて
・祈りの力
・心の平安

休息
6. REST
・睡眠不足の弊害
・良質な睡眠の取り方
・定期的な休息の必要


空気
7. AIR
・空気の仕組み
・新鮮な空気を取り入れる方法
・腹式呼吸法
・大気汚染の弊害

節制
8. TEMPERANCE
・節制の意味
・アルコールとタバコの弊害
・バランスのとれた生活

高潔さ
9. INTEGRITY
・感動を与える信念のある生き方
・社会全体の健康に影響を
 与える高潔さ
・人の意見ではなく原則に
 基づいて行動する
・憐れみと赦しの精神


楽観的であること
10. OPTIMISM
・人生を左右する楽観性と希望
・挫折を乗り越える前向き思考
・笑いの大きな効果

栄養
11. NUTRITION
・必要な栄養素と食品群
・食物を選ぶときの健全な原則
・霊的な食物

ソーシャルサポート
12. SOCIAL SUPPORT
・大切な家族や友人・学校・
 職場・地域からのサポート
・大切な双方向の人間関係と
 助け合い
・ソーシャルサポートと
 病気の回復
・聖書が教えるアプローチ